「さかいIPC PRESS」

SAKAIの傑作

ヨーロッパの街角で見かけるようなステンドグラスの入ったアンティークドア風スマホケースや財布、小物などは、株式会社wajiの代表作"glart"シリーズの製品です。「美術館に展示されるようなイメージを目指した」と菅野裕樹社長が語るように、機能性ばかりでなくアートとしての美しさにもこだわっています。

完成度の高さという点ではまず、本物のガラスを使ったステンドグラス風のデザイン。この薄さの強化ガラスを実現するために、共同開発したガラスメーカーと約2年の時間をかけたといいます。さらには工程数の多さや、縫製においても革のギリギリ端を縫う難しさなどから、外部の縫製会社から断られ、ベテランの革職人にも断念されたとか。ミシンを改造するなどして自社の工房で縫製方法を獲得しました。

手にしたユーザーからは「使っていない時は棚に立て掛けてオブジェのように楽しんでいます」という声が届けられたり、スマホケースが届いたその日のうちに、"glart"シリーズの全ラインナップを購入した方もいたとか。自社のオンラインショップのほか、セレクトショップやバッグの専門店で取り扱われており、ユニークなのはアンティークドアの専門店にも置かれていることでしょう。「バッグメーカーという枠にはまらず、マクロな視点でものづくりを展開していきたい」と菅野社長は語っています。

株式会社waji
幼い頃から水彩画教室でアートに親しみ、国際文化を専攻していた大学時代には世界各地を巡って少数民族の伝統芸術に触れていたという菅野裕樹社長が2016年に設立。ものづくりのプロ集団として、自社内に製造機能を持つことと、他に真似できないオリジナルな表現にこだわっています。一方で、職人の手仕事を残しながら製造ラインに乗せることで、手の届きやすい価格帯を実現させました。この夏にスタートした、ものづくりで保護猫を支援するプロジェクト「aoneco」では、2ヶ月先の分まで製品が完売したとか。現在は、メイド・イン・ジャパンの誇りを胸に、そしてその責任を感じながら海外へ販路を拡大中です。

代表者名 代表取締役 菅野 裕樹
本社 堺市中区土師町5-8-8
TEL 072-206-0127
設立 2016年
資本金 300万円
従業員数 10名
事業内容 鞄、服飾小物、シザーケースの企画製造販売
https://waji.co.jp/

堺市産業振興センター1階「さかいモノてらす」で展示中
(展示期間 2021年9月末~2021年12月末頃までの予定)

貸会場のご案内 TEL 072-255-0111 FAX 072-255-3570 ご案内ページはこのボタンをクリック

  • メールマガジン
  • お知らせ一覧
  • 南大阪地場産業ポータルサイト
  • さかい健康医療ものづくり研究会
  • さかいIPC
  • 堺の匠を贈る