需要開拓事業

ニューヨーク国際ギフトフェアに出展しました

堺市産業振興センターでは、堺産品海外需要拡大事業の一環として、市内企業の海外販路開拓を目的に、1月30日からの5日間、米国ニューヨーク市で開催された北米最大規模のギフト見本市「ニューヨーク国際ギフトフェア2011-冬展」のジャパン・パビリオン内に出展しました。

フェアの期間中、現地は大雪でニューヨーク入りできないバイヤーも多く、来場者の少ない日もありましたが、堺市から参加した3社は、製品の質の高さ、米国市場を見据えた商品展開、アピール度の高い商品ディスプレイ、積極的かつ柔軟な商談姿勢などによって、昨年を上回る成果を上げました。

株式会社カネシゲ刃物 (昨年に続き2回目の出展)

株式会社カネシゲ刃物 今回のギフトフェア用に包丁と同じ工程を経て製作したミニナイフを用意。質の高い包丁作りで知られる同社ですが、ミニナイフも全て職人のハンドメイドとなる高品質な製品で、和テイストを凝らしたデザイン、丁寧で美しい仕上げ、ギフト向きの価格帯がバイヤーの心を捉え、昨年を上回る多くの注文を獲得しました。
カネシゲ刃物HP

株式会社梅栄堂 (6回目の出展。過去5回は単独出展)

株式会社梅栄堂 今回は、風水のアイデアに基づいて作られた新製品「風水香」をメインとし、ブース内の一番目立つところにディスプレイ。この戦略が当たり、多くのバイヤーをブースに呼び込みました。カラフルなパッケージと風水という遊び心あふれる商品コンセプトが、特に女性のバイヤーの心を捉えました。
梅栄堂HP

山本紙業株式会社 (昨年に続き2回目の出展)

山本紙業株式会社 今回は、炭を織り込んだ紙製品などの新製品を積極的に展開。米国市場にない質の高い文具類は非常に関心を集め、センスあふれる商品ディスプレイと相まって、多くのバイヤーと商談に持ち込みました。実用性とデザイン性を兼ね備えた紙製のスーツケースや ブリーフケースも注目され、注文を獲得しました。
山本紙業HP

多くのバイヤーを呼び込んだ堺市のブース。

多くのバイヤーを呼び込んだ堺市のブース。

カネシゲ刃物は本格派のミニナイフが人気を集めた。

カネシゲ刃物は本格派のミニナイフが人気を集めた。

梅栄堂は「風水香」が多くの女性バイヤーの心を捉えた。

梅栄堂は「風水香」が多くの女性バイヤーの心を捉えた。

山本紙業はディスプレイのセンスの良さでも集客。

山本紙業はディスプレイのセンスの良さでも集客。

ニューヨーク国際ギフトフェア(NYIGF)2011-冬展

主 催 : George Little Management, LLC
会 期 : 平成23(2011)年1月30日(土)~2月3日(木)
会 場 : 米国ニューヨーク市 Jacob K. Javits Convention Center
規 模 : 展示面積 約48,500㎡、来場者数 約35,000人、出展者数 約2,800社
特 徴 : 約80年の歴史を有する北米最大規模を誇るギフト見本市。来場者の多くは北米各地から来るバイヤーで、ビジネスに直結する見本市として評価が高い。日本企業も数多くの商談を行い、多くの成約を上げている。 (ジェトロ資料より)
詳 細 : 公式ホームページ http://www.nyigf.com/