省エネ・省資源導入モデル事業

省エネ・省資源導入モデル事業

~マテリアルフローコスト会計(MFCA)導入支援希望企業を募集中!~
募集期間: 6月3日(金)~7月4日(月)

募集は終了いたしました。

大変ありがとうございました。

1.事業目的

MFCAは、環境効率の向上とコストダウンの両立を図る新たな手法として期待されています。本事業は、堺市内のものづくり企業への普及、拡大を図るため、これまでの導入事例の紹介を含め、MFCA手法による製造工程のロス分析、工程改善など、具体的な導入支援を実施し、併せてこれら支援制度に関する情報発信を行うことでMFCA手法の普及による環境配慮型経営の実現を目的に実施します。

2.事業概要

生産性と資源効率の向上を希望する中小企業を募集、審査のうえ選ばれた2社に対し専門家を一定期間、無料で派遣し、参加企業の実際の製品、製造工程を対象にMFCA手法導入、運用、実施支援を行います。導入後は、本市の先進的モデル企業として事例集を作成し、本事業の成果を広く周知することで他企業への普及促進を図ります。ただし、情報の公開については、実施企業が不利益を蒙らないように、製造ノウハウなどの機密情報を公募資料から省略、簡略化するなど配慮を致します。

3.公募要領

(1)公募の対象
堺市に本社又は主たる活動を行う事業所を置く中小企業で製造業を対象とします。
(2)応募の条件
  • モデル事業の実施成果の情報発信にご協力をいただけること。
  • MFCAに係る会合、データ採取、改善案の策定実施に必要な人員体制を有すること。
(3)応募企業数
2社
(4)専門家派遣に係る費用
無料

4.応募方法

(1)申請書類
下記リンク先より参加申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入のうえ、FAXにてお送りください。
>>「省エネ・省資源(MFCA)導入モデル事業」申込書(別添様式)

 

(2)添付書類
会社概要、取扱製品・商品パンフレット等。
(3)応募期限
平成23年度は、6月3日(金)~7月4日(月)
(4)応募・お問い合わせ先
公益財団法人堺市産業振興センター 経営支援課
〒591-8025 堺市北区長曽根町183-5
TEL:072-255-9330/FAX:072-255-1185
担当:山田、這越(ハエコシ)
MFCA導入企業公募要領(PDF)

5.モデル事業の流れ

(1)公募、採択のスケジュール
公募締め切り
応募企業訪問ヒアリング
モデル企業決定
(2)モデル企業の選定
選定においては、有識者で構成する選定審査会(非公開)において、改善効果、制度導入の意思、推進体制等の視点から、モデル事業としての効果が最も期待できる企業を優先して、選定させていただきます。
(3)モデル事業のスケジュール(全6回、予定)
回数 時間 時期 内容
1回目 半日 8月上旬
  • (研修)経営層向け・実務者向け
  • MFCAの概論研修、事例紹介
2回目 半日 8月下旬
  • (研修)実務者向け
  • 簡易MFCA計算ツールの使用方法の解説、実習
3回目 半日 9月中旬
  • 対象工程のラフ分析、物量センター(MFCA計算上の工程)の決定
  • 分析対象の品種、期間を決定
  • 工程別の投入材料の種類、投入物量と廃棄物量のデータ収集方法の決定
4回目 半日 10月中旬
  • 工程別の投入材料の種類、投入物量と廃棄物量のデータ収集、整理状況確認
  • システムコスト(加工費)、エネルギーコストの按分ルール決定
5回目 半日 11月中旬
  • システムコスト、エネルギーコストのデータ収集、整理状況の確認
  • 按分ルールの決定、工程別の稼動状況データの収集、整理方法確認
  • 計算ツール入力方法再確認
6回目 半日 12月上旬
  • MFCA計算結果の確認と修正
  • 改善ポイントの抽出、改善案の検討