お知らせ

お知らせ

【終了しました】~『環境負荷の見える化手法』最新の活用事例とともに~ 環境負荷の見える化戦略と環境経営セミナー

セミナーは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。



『国内観測史上最高気温の41℃』を記録する地域が出現し、『速やかに命を守る行動を取らないと危険なほどのゲ
リラ豪雨』が頻発する最近の日本列島。
地球温暖化を抑制して、その環境を守っていくための温室効果ガスの排出量削減や省エネ・省資源への取り組み
は、今や企業の社会的責任となっています。
環境セミナーでは、これらの企業活動を支援するため、中堅中小企業における『環境負荷の見える化戦略』につい
て、その必要性と手法を学ぶとともに、実際の企業における導入事例を含めて、皆様に体験していただきます。

【プログラム】 1.環境セミナー(14:00~15:30)
                 『環境負荷の見える化戦略の最新動向と環境経営セミナー』
                 講師:特定非営利法人資源リサイクルシステムセンター 阿藤 崇浩 氏

              2.事例発表(15:30~16:20)
                 『ユニフォームの定量評価から見えてくるコト』
                 講師:株式会社チクマ 環境推進室 前田 良治 氏

【本セミナーで紹介する主な環境手法】
●MFCA 資源効率と経済効率の両立を図ることを目的とした環境管理会計の手法
●LCA 製品やサービスに対する 、環境影響評価の手法
●CFP  原材料調達から廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をC
   O2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組み
●SCOPE3 カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)をはじめ、企業が間 接的に排出するサプライチェーン
   での温室効果ガス(GHG)排出量として製造、 輸送、出張、通勤等を管理し、対外的に開示する動き

【日  時】  平成25年9月18日(水) 14:00~16:20

【場  所】  堺市産業振興センター 5階 会議室1 (大阪府堺市北区長曽根町183-5)

【対  象】  企業及び事業を営む個人等

【定  員】  30名(先着順)

【参加費】  無料

【申込方法】 ①下記URLよりダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込みくだだい。
                   http://www.sakai-ipc.jp/seminar/doc/20130918kankyofuka2.pdf

                ②下記WEB画面よりお申込みください。
                   http://kokucheese.com/event/index/108185/

【申込開始】 平成25年8月19日(月)   9:00
【申込終了】 平成25年9月17日(火) 17:00

【主  催】   公益財団法人 堺市産業振興センター

【問合先】   公益財団法人 堺市産業振興センター 経営支援課 担当: 山田・這越(ハエコシ)
                TEL: 072-255-6700  FAX: 072255-1185
                E-mail: keiei_shien@sakai-ipc.jp