お知らせ

お知らせ

【終了しました】平成26年度BCPセミナー
東日本大震災から学ぶ危機管理~仙台市と堺市の企業の取組事例とは~

このセミナーは終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

南海トラフ地震が発生すれば、関西圏でも相当な被害が発生すると予想されています。地震や津波が発生した場合、どのような対応をすべきでしょうか。
そのために、何を備えておかなければならないのでしょうか。

このセミナーでは、(公財)仙台市産業振興事業団のご協力を得て、仙台市の屋根材メーカーである株式会社吉岡 専務取締役 初谷 博 氏を講師にお迎えし、東日本大震災の津波による自社工場の甚大な水没被害から、どのように復旧・復興を進めてこられたのかをお話いただきます。また、堺市の救命艇メーカーである株式会社信貴造船所の事業統括本部長 橘 潤治 氏から、津波から人命を守る津波・水害対応型救命艇の開発について語っていただきます。

貴社の防災・危機管理について、改めて考えていただく機会として、ぜひご活用ください。

セミナー概要

  • 日時:平成26年10月17日(金)14:00~16:00
  • 場所:堺市産業振興センター 4階 セミナー室5
  • 定員:30名(先着順)
  • 対 象 者:堺市内に事業所を有する中小企業等
  • 内容
        《講演1》仙台市企業の取組事例「津波被害からの復旧、そして新商品で復興へ」
                   初谷 博 氏(株式会社吉岡 専務取締役)
        《講演2》堺市企業の取組事例紹介「津波に備え守る命 by 救命艇」
                   橘 潤治 氏(株式会社信貴造船所事業統括本部 本部長 兼 営業統括)
  • 受 講 料:無料
  • 申込方法:参加申込書をダウンロードのうえ、必要事項を記入いただき、FAXでお送りください。
                 平成26年度 BCPセミナー申込用紙(PDF形式)
  • 申込先:公益財団法人 堺市産業振興センター (担当:経営支援課 中辻・小松)
              〒591-8025 堺市北区長曽根町183-5
              TEL 072-255-6700 FAX 072-255-1185
  • 主  催:公益財団法人堺市産業振興センター
  • 共  催:公益財団法人仙台市産業振興事業団

ページ上部へ

講師紹介

初谷 博 氏(株式会社吉岡 専務取締役)

遮熱効果に優れた金属板屋根材の製造・開発を手掛ける。
東日本大震災で、自社工場が津波により水没し、製造工程に大打撃を受けるが、社員の努力や取引先の協力により3ヶ月で事業の復旧を果たす。
その後も、精力的に太陽光発電の機能を備えた新しい屋根材の開発を進め、災害に強く地球環境にも優しいこの新製品の普及で、地域の復興に貢献されている。

橘 潤治 氏(株式会社信貴造船所事業統括本部 本部長 兼 営業統括)

国内で約50%のシェアを誇る救命艇メーカー。
東日本大震災後に立ち上げられた国土交通省の津波対応型救命艇に関するプロジェクトに参画。
経済産業省ものづくり補助金や堺市ものづくり新事業チャレンジ支援補助金の採択を受け、大阪府立大学と共同研究のうえ、津波・水害対応型救命艇「LIFE SEEDER」が完成、販売を開始している。

ページ上部へ