お知らせ

お知らせ

【終了しました】堺五月鯉のぼりの掲揚について

堺市産業振興センターでは、東北地方太平洋沖地震で被害を受けたこどもたちが、
滝をのぼる鯉のように、震災に負けず元気に成長してほしいとの願いを込めて、
昨年に引き続き、堺の伝統産業である「堺五月鯉のぼり」を掲げています。

堺五月鯉のぼりは明治のはじめ、和凧職人に紙鯉を作らせたのがルーツで
鯉本来の姿形を取入れ、鯉の背中に赤い金太郎がまたがった鯉のぼりは
「高儀の鯉」として知れ渡りました。

竹刷毛や数十種類の筆を使い分ける伝統の技、手描きだけが醸し出す独特の味と風合は時を経た今も
変わらず守られています。

今では、大阪で唯一の手描きの鯉のぼりとして、大阪府の伝統工芸品の指定を受け
伝統の技と心を伝えています。

koinobori
堺五月鯉のぼり

○期   間
4月22日(水)から5月中旬まで(午前9時~午後5時)
※雨天・強風等悪天候の場合は掲揚しません。

○場   所
堺市北区長曽根町183-5
公益財団法人堺市産業振興センター外構

○展示内容
鯉のぼり 3匹 【 堺五月鯉幟 「髙儀」 】

お問い合わせ
公益財団法人堺市産業振興センタ-
販路開拓課
電話番号 072-255-1223
FAX番号 072-255-5200